2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

味わいのある音楽

ナイスな音楽情報

関連リンク

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

お知らせ

  • トラックバック・リンクについて
    記事に関連性が無くその記事にリンクしてないトラックバック及びリンクは削除する事があります。商用目的の無断リンクは対応策を講じる場合があります。その他削除基準は臨機応変です。こちら見た足跡はコメント欄へどうぞ。 参考:こちら
  • 免責事項
    味覚にはその方の気分・体調など個人差が作用する点が多々ありますのでこちらに表記してある事項は万人一致ではございません。
    このblogに掲載されている事が即ちお勧めであるという訳では決してございません。

.

2014/11/13

ガオーガオーとほえる

演劇
本日は薬物禁止大会があるというので成果物を見に。県文化センターでは普段味わえないようなふむいきで満ち溢れ。表彰が終わるとお待ちかねの高校生の演劇。題名に惹かれて行ってみたらこれが3人出ずっぱりで歌やダンスとかのミュージカル仕立てと予想外にしっかりした演劇でガオーガオーが暫く頭から離れなかったですよgawk

| | コメント (0)

2014/10/15

めすムーミンを探しに

ムーミン展
さらに昨日の続き。南陽からの帰り道に米沢でムーミンのすべてを鑑賞しに上杉神社へ。中は結構な繁盛具合で人ごみに揉まれながら原画とかを鑑賞。お土産物コーナーはミー関係が豊富。ムーミンの先祖が毛むくじゃらなのは知らなかった。
ムーミンホットケーキ
一息つこうかなと喫茶店でお茶でも飲もうかなと行ってみるとムーミンホットケーキ発見してそれにしてみる。ここだけの話ホットケーキにお土産コーナーで売ってるムーミンクッキーがトッピング。ホットケーキは冷凍珍なようなそんなような。まあお徳ではないでしょうか。

| | コメント (0)

2014/08/03

ダリの里から

とろける時計
あんまり暑いので避暑地にでもと裏磐梯へ。さてどこに行こうかなと考えて実はまだ行った事なかった諸橋近代美術館へ。広間にあるダリのいくつかは所有だけあって撮影自由という太っ腹具合。これはお約束の暑さにとろける時計。
長いラッパ
ジョジョ立ち
長いラッパとかジョジョ立ちの人とかとにかく飴のようにびろーんと伸ばしてるのが得意みたいです。
爪に角
長い人
爪に角とか書くと兎に角に空見。またまた超ロングな人とか。横の部屋には他の絵画も少し。ルノワールとかシャガールもあってこちら見ちゃうとつい印象派に惹かれるのでありました。

| | コメント (0)

2014/01/05

印象派のはしご

東京駅
三菱美術館
昨日の続き。泉岳寺参りから東京駅へ移動。このあたりはエキナカとかKITTEとかお買い物再開発地帯。そもそも今回のほうろうの目当ては三菱一号館美術館で5日までの展示が見たかったからで。宣伝では印象派の絵がたくさん載ってたけど半分以上はモノクロリトグラフとエッチングだった...
公園口
正月限定
やや欲求不満気味の勢いから上野に行ってみる事に。温度計見ると15℃とか出ててキラキラした日差しが暖か。よく行くお手軽なお店で正月限定のおかめうどんのようなものを頂く。具が目出度い。
花園稲荷神社
国立西洋美術館
上野公園来ると来てしまうお稲荷様を通り抜けて西洋美術館を。こちらはモネの画が沢山。流石に混んでたけど内容はこちらの方が満足。場内にはいろんな画家の言葉が書いてあって、その中にモネは風景描くみたいに人物も描ければいいのに、とかゴッホが言ったそうだけどそれは人見知りだからだよきっと…

| | コメント (0)

2013/10/14

岩倉の 狂女恋せよ ほととぎす

ちゃんぽん
おまけの休日。体育の日という事でゆっくり小走りの後どこか外でもと光陽軒で噂のちゃんぽん。ちゃんぽんというよりかタンメンをフルあんかけにした感じで劇熱。これで\570で他のも皆お得でそこらあたりがおすすめ。
愛知県美術館蔵展
んで何となく郡山市立美術館へ。愛知県からかっぱとか黒い馬に乗った直立不動の騎士とかの絵が。さっくり見るにはいいと思います。初めの与謝蕪村の絵が何とも。美術館でよくある音声ガイドが今回無料でした。10月20日まで。

| | コメント (0)

2013/09/30

あるいは佐々木ユキ A Fairy Tale

赤ナポリタン+カニクリームコロッケ
雨降って湿気てる火曜。そんなこんなを繰り返して秋は深まってくるのですね。んで日曜日のできごと。
お天気だしどこか少し遠くへと思い北へほうろう。街中に留まりたかったので候補に挙がったのは東京ナポリタンのお店⑧。こちらはハンバーグのHACHIがやってるそうで同じ味わいのハンバーグが食べれるそうだけど昨日食べたような気がしてカニクリームコロッケに。赤いケチャップがこってりした太麺のナポリタンはこってりと。そこにチーズものっけたりしてさらにカニクリームコロッケで洋食堪能。HPによると茹でてから一日置いてるそうでお惣菜売り場のナポリタン並みにやわらかすぎるのでパンチョみたいにもちっとコシがあってもいいかなと。
TURNAROUND
食後例によって楽器店とかうろうろしつつ含蓄のある映画が公開との噂を聞いて白い壁が特徴の大手町のTURNAROUNDへ。この近辺は繁華街から離れていて少し静か。少し早めに着くと監督のトークショーの終わりを聞く事ができた。映画の舞台は府中の武蔵野線の高架とか立川とか多摩モノレールで学生時代に一人暮らししてこのあたりををうろうろしていた僕にはセンチメンタルになるのに十分だった。詩人で脚本監督の福間氏の詩の内容が映像になっていて、夢とリアルが交互に押し寄せてくるというか見る人によっていろんな受け取り方ができる作品。ギャラリーでは氏の昔の詩集とか作品が10/13までやってます。入り口のサッシで初め入ったところから出ようと思ったらそこは出入り口でなかったとか書くと誰だか特定されそうですが。コーヒーおいしかったです。

| | コメント (0)

2013/09/28

アメリカン×アメリカン

国立新美術館
あけまして昨日の続き。どこか目の保養でもと思いついたのがアメリカンポップアート展。パワーズ夫妻のコレクションを展示、ってプライスコレクションの若冲が来てくれましたに似てるかも。かなりの点数とウォーホルのでかい本物で圧巻されるので時間かけて見たほうが良いです。キャンベルスープの缶大量に見たらお土産物コーナーにはやっぱり缶だらけでスーパー行けば売ってるという現実をよそにトマト缶1個仕入れ。
チーズバーガー バラ
チーズバーガー 合体
アメリカンなもの見たらアメリカンな食べ物でもと隣のミッドタウンのBaker Bounceへ。初めて行ったところでもスマホでいろんな情報がもらえるのは凄い時代でありがたし。濡れたらだめだけど。でかいサイズのアメリカンなのを目の前で焼いて出してくれます。初めはばらで合体させるとこれは凄い眺め。これ食ったらデイブスペクターばりのナイスダジャレが言えるようになります多分。
東京ミッドタウン
中庭では外車の展示とかOKストアのような高級なスーパーとかいろいろと。軽く場違い感がありありだったので早々に退散致しました...まだ続く。

| | コメント (0)

2013/07/30

バロック様式の犬

東横インの朝食
新潟県立近代美術館
まだ日曜の続き。朝軽く体動かしただけでも蒸し暑くて汗だくだく+昨日飲んだものとか出し切ってくらくら。さっぱりしてから東横イン名物噂の無料朝食を。バイキングをなるべくそれなりに盛り付け。ちなみに出てるものは映ってるものの他にはパンとヨーグルトとジュースが。ご飯も美味しいし贅沢は言いませぬ。納豆とか玉子がないのは出すとご飯たくさん必要になるからかと。
朝ご飯食べて頭の回転が良くなったところで長岡へルーベンスを見に。フランダースの犬のネロが見たという前評判に期待して行ってみたら見た絵の版画、があった。ううむ。ルーベンスは弟子をたくさん使い最後に大事なところに一筆入れて漫画家さんのように絵を描いていたり、複製版画に力を入れてきたそうな。昨日のミュシャが期待より良かっただけに順番逆にすればよかったかなと。

| | コメント (0)

2013/07/27

仏像からヌーヴォーへ

弘願寺
弘法大師
本日は唐突に新潟方面へほうろう。新潟は学生時代にほうろうできるバイトで何度か行ってお世話になったよい所。じっくり廻ってみたい所はもりもりと。まづ古町方面へ行ってみると街中にでかいお地蔵様が!これはお地蔵様ではなくて弘法大師様なのでした。他にも仁王像とかあって仏像マニアにはたまりませぬ。
タレかつ丼
その仏像の近所に新潟名物タレカツ丼の元祖のとんかつ太郎はありました。新潟(下越)のB級グルメと言えば個人的にイタリアンぽっぽ焼き、んでこのタレかつ丼。薄いカツをあまじょっぱいタレにくぐらせてのっけてあるカツの天丼?のような味わいです。
朱鷺メッセ
雪隠からの眺め
んで例によって朱鷺メッセの中にある万代島美術館へ。朱鷺メッセは来年の6月恒例行事の会場だからねと下見?をかねてと。今やってるのはアールヌーヴォーの代名詞というべくなミュシャ展。少女漫画のようでもありなおかつ絵なのに写真より繊細で華やかなところがたくさんの点数で十二分に堪能できます。さらに製品に入ってるパッケージの現物もあったりで興味深く、もともとの油絵も見事でこっちでも大成できたのではと。晩年はナショナリズムに目覚めてスラヴ叙情詩に至る流れが圧巻で人としての凄さとか本物いつか見たいなとかいろいろ感じました。それとは別にびっくりしたのは、実習で絵を書き写してる小学生の絵をちらっと見たらそれがめちゃくちゃ上手くてやっぱ才能ある人というのはもとから違うのだなという事。ピカソの若い時の絵見たときもそんな感じだったし。仙台に来年来たらまた行きたいくらいおすすめ。明日に続く。

| | コメント (0)

2013/07/13

エミール・クラウスに会いに

玄関
踊り場
タクシープール
海の日がらみの連休という事でこの前通りがかった時に発見したエミール・クラウスに会いに。東京駅のレンガと旧い絵はかなり合う。場所の都合上ガラス張りのエレベーターに乗って3階へ。周辺の画家の作品がいろいろと並んで印象派も奥が深いなと思いつつ下の階へ行くとエミール・クラウスの数々に圧巻。他の印象派の人たちより細かめの描写で逆光からの見た目と独特のキラキラ加減。ルミニスムというらしいそれは昔の洋モノの映画のような感じがする。場所はベルギーだけど赤毛のアンの故郷のカナダのような雰囲気もしてそんなところが好きなのです。これはお勧めで次は石川とか。誰か行きたい人居ないかな...
2階からはあのドーム型の踊り場が上から眺めれます。迷路みたいなタクシープールも。

| | コメント (0)