2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

味わいのある音楽

ナイスな音楽情報

関連リンク

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

お知らせ

  • トラックバック・リンクについて
    記事に関連性が無くその記事にリンクしてないトラックバック及びリンクは削除する事があります。商用目的の無断リンクは対応策を講じる場合があります。その他削除基準は臨機応変です。こちら見た足跡はコメント欄へどうぞ。 参考:こちら
  • 免責事項
    味覚にはその方の気分・体調など個人差が作用する点が多々ありますのでこちらに表記してある事項は万人一致ではございません。
    このblogに掲載されている事が即ちお勧めであるという訳では決してございません。

.

« 熊本から鹿児島へ | トップページ | みやぎ・東北復興マラソン »

2017/05/07

西郷どんから宮崎地鶏へ




明けて次の日、西郷どんの雄姿を見ようと街中へ。銅像は少し高く祭られています。




ふと足元を見ると灰が積もっていてこれが鹿児島だなと身をもって実感。




銅像横の自販機のかごんまの西郷どんは首に缶が詰まっており申した。誰か取ってあげて下さい。




その近所になんだか人がうろうろしていると見ると、コスプレ?した西郷どんと大久保利通とミスが撮影にスタンバっているではないですか。ここぞとばかりに写ってきましたいろいろと。




桜島のSAでさつまあげでも食うかなと脇を見ると見事な噴火。これが素の桜島なのだなと見入る。




鹿児島から宮崎に行く途中、道の駅おおすみ弥五郎伝説の里で昔なつかしの発動機の展示が。腹に響くドスドスという感じがたまりませんね。








それからお茶畑を通り過ぎどんどこ行くとやっと都井岬へ。端っこに来た感がたまりませんね。売店以外は何もない処です。灯台では定時に気象情報を中波で放送していたのですがこれも去年で終了。遠くの灯台からの風向きを聞いて風情に浸るのも昔の話ですね。




都井岬には古来からの岬馬が居ます。江戸時代に育てていたものが野生化したとか凄い話ですが貴重には変わり無いですね。



やっとこさ今回のほうろうの終着地点の宮崎へ。駅前で何だかいい匂いがするなと思ってうろうろすると、ブーゲンビリアの花が咲いていました。これは良いタイミングでラッキーです。






駅ではJR管理らしい外食店が沢山ありますが、繁華街は駅前では無いとの事。それでも観光客チックに地鶏が味わえるお店へ行ってみると鳥の部位、量を細かい単位で指定できるのはさすが本場ですな。お土産と違って焼き加減が絶妙+惜しげもない柚子胡椒で満足致しました。焼酎がもりもりでサービス良すぎ!これが本場...

« 熊本から鹿児島へ | トップページ | みやぎ・東北復興マラソン »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

いつもちら見しています。

夏の思い出2017、期待してます。

まったり更新ですみません。気長にお待ちください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 熊本から鹿児島へ | トップページ | みやぎ・東北復興マラソン »