2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

味わいのある音楽

ナイスな音楽情報

関連リンク

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

お知らせ

  • トラックバック・リンクについて
    記事に関連性が無くその記事にリンクしてないトラックバック及びリンクは削除する事があります。商用目的の無断リンクは対応策を講じる場合があります。その他削除基準は臨機応変です。こちら見た足跡はコメント欄へどうぞ。 参考:こちら
  • 免責事項
    味覚にはその方の気分・体調など個人差が作用する点が多々ありますのでこちらに表記してある事項は万人一致ではございません。
    このblogに掲載されている事が即ちお勧めであるという訳では決してございません。

.

« 謎のセッション | トップページ | 沢内甚句@盛岡 »

2015/07/19

イーハトーブでの一日

新花巻駅
本日は岩手県を堪能してみようかなと無計画でほうろうへ。昼時にSA寄るも満杯でどこか落ち着けるところへと辿り着いたのは新花巻駅。周りはかなり長閑なのに駅とその辺だけ新幹線の駅になっていて都会の飛び地のような印象。ここから仙台まで1時間、東京まで3時間だしね。コンコースはガラス張りと飾りが綺麗。イーハトーブ来たって感じ。駅前の山猫館で何となくカレーを。洋風レストラン風味で美味しかったです。ひっつみ汁も本格的でこっちも捨てがたかったなと。
イーハトーブの眺め
その後お約束の宮沢賢治記念館へ。賢治は今でいうところのマルチな人で、先生やって農民芸術やって肥料の営業マンやって詩とか文章以外に鉱物とか天体とかさらにはエスペラント語とかチェロ弾いたり歌作ったりともう何でもありという。天体を平面にしてそこを列車が走るイメージって昔はTVとか無いのにあの田園風景で思いつくてのが凄い。そこらへんが賢治たる所以だなと。それからその近所の賢治の学校とか見学。注文の多い料理店の話の内容を今頃理解する。和洋折衷な洋風童話が盛り沢山なのも特徴ですね。
花巻の空
盛岡に向かう途中、南部杜氏の里の道の駅でライスワインに見とれる。夕方空を見ると凄い様子でまるで賢治が居るようだった。

|

« 謎のセッション | トップページ | 沢内甚句@盛岡 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 謎のセッション | トップページ | 沢内甚句@盛岡 »