2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

味わいのある音楽

ナイスな音楽情報

関連リンク

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

お知らせ

  • トラックバック・リンクについて
    記事に関連性が無くその記事にリンクしてないトラックバック及びリンクは削除する事があります。商用目的の無断リンクは対応策を講じる場合があります。その他削除基準は臨機応変です。こちら見た足跡はコメント欄へどうぞ。 参考:こちら
  • 免責事項
    味覚にはその方の気分・体調など個人差が作用する点が多々ありますのでこちらに表記してある事項は万人一致ではございません。
    このblogに掲載されている事が即ちお勧めであるという訳では決してございません。

.

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015/07/21

コッペパン牧場

福田パン
明けて日曜。盛岡来たらいつかは行ってみたかったあのコッペパン専用パン屋さんへ。老舗だけあって朝からかなり繁盛してて店の駐車場の他にも近辺にはコインパーキングがいくつか。注文受けてから中身を塗るので作り置きはなく出来立てが味わえます。甘いジャムのみならずコロッケとかナポリタンや野菜なんてのも。その中かられんこんしめじにしてみたらこれがレンコンのシャキシャキ感と絶妙なサラダ風味の味付けと脇役のからしバターが何ともいい味わいでさらに昔風味のしっかりした歯ごたえのコッペパンでまた食べたくなる美味しさですよ。
小岩井牧場
その後盛岡と言えばの小岩井牧場へ。広大に敷地には牧草地が広がっていて北海道みたいな感じ。
乗馬とアーチェリー
何かアトラクションでもと先ずは乗馬。自分で手綱握れる本格派ではなくて乗っけられて馬場一週だったけど馬上の眺めは高く歩みに合わせて上下に揺られてました。話聞いたらばん馬のまだ3歳!という事でこれからまだ育ち盛りの黒鹿毛でした。アーチェリーは手がぷるぷるしてこれで狙い定めるのは容易じゃないという事がよく分かりました...
ひつじの毛刈り
牧場といえば羊の毛刈りという事で牧洋犬の羊集めとか毛刈りを見物。いやそうだったけどわしも床屋はあまり好きでないから気持ちは分からんでもないgawk

| | コメント (0)

2015/07/20

沢内甚句@盛岡

開運橋
イーハトーブからの盛岡へ移動。宿の駐車場は連休中とあって満車で駐車場探してあたふた。盛岡に泊まるのは某氏の選挙活動手伝って以来だなと勝手に感慨に耽る。あの彼は今どうしているだろう?開運橋を渡ると深い盛岡が広がっています。駅前に橋があるのは新潟とか宇都宮に似てる。
銀河高原ビール
某有名外食情報サイトで郷土料理が食べられるお店を検索してその中から野生の勘で沢内甚句というお店へ行ってみる。入り口すぐの1畳くらいのスペースが押入れフェチのわしには堪らずにここでいいの?と聞かれるもそこに陣取る。ここは銀河高原地ビールのヴァイツェン生があってここぞとばかり注文。それにお通しの大根のビール漬とかが大判振る舞い。ちょっと甘めの味わいと地ビールが合う合う。
ミズとももどり
続いてやっぱ山菜だよねとミズのおひたしと、ここ名物のももどりを。ミズはここいらではよくある山菜でわざわざお店で食べるの?てな感じらしい。さらにこちら名物のももどり。スパイスに漬け込んだ鳥肉焼きはちょっと辛いけどジャークチキンのような感じでうまいです。
ドンコ刺と七福神
ドンコ刺があって、いつもは冬に煮て食べるそれかなと思ったらこれが新鮮で肝共々何とも言えない美味しさ。それに七福神を合わせるともう堪りません。さらにここはビス天っていうビスケットの天ぷらが名物で、これがしっとりかつ表面さっくりのいまだかつて経験したことの無い食感と味わいでびっくり。マリーかなんかを水っぽい衣で天ぷらにしただけだと思うのだけどこれこそ地元限定の味わいだなと。
黒鷲とフェニックスメニューに載ってないいいのがありますよと甘い囁きを受けて鷲の尾の黒鷲と鳥繋がりで男山のフェニックスを。ももやきには鳥っぽいお酒がよく合いますな。お店のおねいさんと話したら花巻出身という事でそれならと今日見てきた宮沢賢治記念館で仕入れた銀河鉄道の夜を思いつく賢治の凄さを絶賛したらおねいさんがうるっときていて郷土愛てのもいいもんだなと思った独り言の夜でした。

| | コメント (0)

2015/07/19

イーハトーブでの一日

新花巻駅
本日は岩手県を堪能してみようかなと無計画でほうろうへ。昼時にSA寄るも満杯でどこか落ち着けるところへと辿り着いたのは新花巻駅。周りはかなり長閑なのに駅とその辺だけ新幹線の駅になっていて都会の飛び地のような印象。ここから仙台まで1時間、東京まで3時間だしね。コンコースはガラス張りと飾りが綺麗。イーハトーブ来たって感じ。駅前の山猫館で何となくカレーを。洋風レストラン風味で美味しかったです。ひっつみ汁も本格的でこっちも捨てがたかったなと。
イーハトーブの眺め
その後お約束の宮沢賢治記念館へ。賢治は今でいうところのマルチな人で、先生やって農民芸術やって肥料の営業マンやって詩とか文章以外に鉱物とか天体とかさらにはエスペラント語とかチェロ弾いたり歌作ったりともう何でもありという。天体を平面にしてそこを列車が走るイメージって昔はTVとか無いのにあの田園風景で思いつくてのが凄い。そこらへんが賢治たる所以だなと。それからその近所の賢治の学校とか見学。注文の多い料理店の話の内容を今頃理解する。和洋折衷な洋風童話が盛り沢山なのも特徴ですね。
花巻の空
盛岡に向かう途中、南部杜氏の里の道の駅でライスワインに見とれる。夕方空を見ると凄い様子でまるで賢治が居るようだった。

| | コメント (0)

2015/07/13

謎のセッション


近所でセッションのワークショップやると前の日に聞いて気になって見学に559へ。思いの外参加者が控えめで言われるままに参加。ホストのプロドラマーの方が人が少ないからか早く始めたいような感じで取り急ぎ他の参加者のドラマー様とお店の従業員の方をベースにして説明開始。今日の課題曲はアベレージホワイトバンドのピックアップピーセズ。ドラムさんがいかにも経験少なげでやってる途中よく止まるのだけどその際凄い剣幕で止まらないで!と言われるもんだからこれは下手に出来る素振りすると危険だなと思いなるべく静かに過ごす。他にも楽器の上手さでなくどう他人と合わせないとダメだとかソロを終わる時は他の人に分かりやすい合図が出来ないとダメだとかでできるまで何度もやらされたりと熱い指導が。これは何だかガチンコ○○道みたいな雰囲気だなと3時間が終了。言ってる事はその通りだし知らない事にはタメになったのだけどインフォームドコンセントが不足していたなと思ったのでした。

| | コメント (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »