2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

味わいのある音楽

ナイスな音楽情報

関連リンク

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

お知らせ

  • トラックバック・リンクについて
    記事に関連性が無くその記事にリンクしてないトラックバック及びリンクは削除する事があります。商用目的の無断リンクは対応策を講じる場合があります。その他削除基準は臨機応変です。こちら見た足跡はコメント欄へどうぞ。 参考:こちら
  • 免責事項
    味覚にはその方の気分・体調など個人差が作用する点が多々ありますのでこちらに表記してある事項は万人一致ではございません。
    このblogに掲載されている事が即ちお勧めであるという訳では決してございません。

.

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014/12/31

そば打ちの修行

そば打ち
大晦日の本日は全国的にそばを食べる日という事でそば打ちに弟子入り。先ずそば粉をよく攪拌。配合は企業秘密。その後卵水を少しずつ入れていく。ほどよく水が回ったらまとめて煉り。この後製麺機にかける(こちらはお店のスタイルがこれなので)のだけどこれが意外とむつかしかった。モーターの方が早いのでスイッチを入れたり切ったりしながらそばを箱に詰めて終了。まかないで鴨せいろを頂く。打ちたてのそばは旨い。そして鉢が欲しくなった...

| | コメント (0)

2014/12/30

天明 中取り生酒壱号

天明
今年もあと2日。掃除もなかなか進まず気分転換にお年始用品とか買出しに物産館に行ってみると思わず嗜好品売り場で足が止まる。ここはまるで夢の国...天明の中取り生酒壱号を仕入れ。中取り特有の微炭酸が残っててこれはお正月前に空になってしまうなとbleah

| | コメント (0)

2014/12/29

障子とマステ

障子とマステ
月曜日。さて年末らしい事でもしようかなとずーっと念願だった障子の張替え作業に着手。先ず軽く湿らせてから剥がし、そして新しい紙を貼り付け。ここで使用したのはアイロン貼りプラスチック障子紙。これなら破れる事もなかろうとやってみると、端のほうをピンと張るのがちとむつかしいけど大体OKかなと。
次に台所の収納の古ぼけた扉に張ってある装飾テープのマスキングテープに張り替え。古いテープは樹脂製なのだけど古くなってすぐぶっちぎれて剥がしに難儀。マスキングテープは少し伸び縮みするので要領が必要。下の扉の足元は床にはいつくばって貼り付け。全部で実働4時間くらいかかって終了。疲労困憊...

| | コメント (0)

2014/12/28

晴れの蔵王

蔵王山
今日から1週間ばかり年末年始休みのはじまり。午年の運試しはイマイチだったけどまだ明日もある...写真は午前中に通った蔵王山。今日は良い天気。

| | コメント (0)

2014/12/27

ロック方面の忘年会@satindoll2000

ロックの忘年会
本日はロックの忘年会という事で仕事をとっとと納めてサテンドールへ。サテン行くのは都合8月以来?お久しぶりの店内はあいからわずで変化無し。しいて言えば他の会に出席してる方々が多いせいか常連様で占められる。今日はカウンターで渋く飲んでいると三越の地下で売ってるらしいいろんな味付けの柿の種とか手焼きナンとか頂く。
ステージではマンモス大友さんとかメイコンフロッグが。サテン的大御所とハウスバンド?の競演は安定感があります。

続いてセッションの時間。ぬぼっとしていたら名前呼ばれて初めてお会いする方々と数曲。何と言っても今日はクリポンさんが100wのマーシャルをここに寄贈という凄さ。ちなみに動画の左側のギターの方です。演奏はいつもの通りつたないけど酔っぱらいで普段より動きが多めなのがよかった?かなと。アンプ直が多かったけど直でも弾けるのが達人だなと。最後マスターを囲んでI Shall Be Releasedを。こうして演奏ができるのもマスターのおかげ様だなと。また来年も行きますよ。

| | コメント (0)

2014/12/22

真実一路のマーチ 唄 水前寺清子


旗日前の年末残業。今年中にやる事盛り沢山+来年もやる事盛り沢山だなと。取らぬ狸の皮算用をやり終えて一人哀しく回転寿司屋で持ち帰り寿司を詰めている所を同僚様に目撃される。そんな日にラジオから流れてきたチーターの名調子。転調が激しく軍歌調のアレンジの曲をキーが上にカツカツの若い頃のチーターが圧倒的歌唱力で歌い切るこの曲。抑揚とか完璧で昔の人はつくづく歌が上手い。幸福なんて言うやつは 空から降っちゃこないのさ...

| | コメント (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »