2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

味わいのある音楽

ナイスな音楽情報

関連リンク

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

お知らせ

  • トラックバック・リンクについて
    記事に関連性が無くその記事にリンクしてないトラックバック及びリンクは削除する事があります。商用目的の無断リンクは対応策を講じる場合があります。その他削除基準は臨機応変です。こちら見た足跡はコメント欄へどうぞ。 参考:こちら
  • 免責事項
    味覚にはその方の気分・体調など個人差が作用する点が多々ありますのでこちらに表記してある事項は万人一致ではございません。
    このblogに掲載されている事が即ちお勧めであるという訳では決してございません。

.

« アメリカン×アメリカン | トップページ | あるいは佐々木ユキ A Fairy Tale »

2013/09/29

正統派の紳士

銀ブラ紳士
土曜日の午後のことです。銀座で乗り換える際、白尽くめの紳士が凛としてホームに立っておられまして思わず記録に。はじめ殆ど微動だにせず周りの人もちらちら見ておりました。てっきり動かないアーチストの人かな?と思いきや普通に電車に乗っていきました。あの白背広とステッキと三越の袋はいつかそうやって銀座を闊歩してみたいなと憧れです。
鉄道歴史展示室
んで新橋の鉄道発祥の地に鉄道歴史展示室があって、そこでおみやげと鉄道という展示があってそちらを何となく見学。土産物と鉄道は切っても切れない繋がりがあり、その起源は仙台ホテルが企画した松島見物ツアーだったというのは興味深いです。明治時代の時刻表で下関から東京まで25時間だったり当時のお土産物のパッケージとかこのあたりのモダンなものも数々。その隣はパナソニックのショールームがあって入れたのでぶらぶらしていたらシステムキッチン500万ペソとか消費税も払えないような塩梅の数々とか。
でかい将棋
鳥取気分になれるお店とか寄り道しつつ新橋駅前に戻るとでかい将棋をやる方々が。ここで指せるにはどれくらいの人生経験を積めばよろしいのでしょうか?...
夕暮れ
帰りの車中では綺麗な夕暮れが。そんなほうろうでしたとさ。

|

« アメリカン×アメリカン | トップページ | あるいは佐々木ユキ A Fairy Tale »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アメリカン×アメリカン | トップページ | あるいは佐々木ユキ A Fairy Tale »