2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

味わいのある音楽

ナイスな音楽情報

関連リンク

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

お知らせ

  • トラックバック・リンクについて
    記事に関連性が無くその記事にリンクしてないトラックバック及びリンクは削除する事があります。商用目的の無断リンクは対応策を講じる場合があります。その他削除基準は臨機応変です。こちら見た足跡はコメント欄へどうぞ。 参考:こちら
  • 免責事項
    味覚にはその方の気分・体調など個人差が作用する点が多々ありますのでこちらに表記してある事項は万人一致ではございません。
    このblogに掲載されている事が即ちお勧めであるという訳では決してございません。

.

« さいはてのどうぶつえん | トップページ | 帯広居酒屋 辰ごん »

2013/08/28

一発逆転ライブショー

とかちむら
さらに十勝。動物園からてくてく歩きとかちむらへ辿り着く。途中住宅街を通り過ぎたのだけど、家と家との間隔とか道幅とかがひたすら広くてこれなら家屋調査士に境界線調べてもらわなくてもいっかみたいな気分になるに違いない。ちなみに平日にこのあたりを徒歩で移動する人は皆無でさぞ怪しまれたのではないかと。写真撮ってくればよかった。
十勝地方はフードバレーとかちというキャッチフレーズの元に1,100%というくりびつな食料自給率を生かして地域の魅力を国内外へ発信しているのです。こことかちむらにも豊富なうまいものがいろいろと。入り口の木馬には乗るとなまらきけん、って書いてあり。
帯広競馬場
場内
んでもって隣というか場内は世界でここだけのばんえい競馬が行われている帯広競馬場が。場内の鄙びた何ともいえないふむいきは旅打ち気分上々。平日夕方のこの時間にこれだけお客様が居ると上々ではないのでしょうか。場内では併売してる南関東のモニター付近にもたくさん集まっててどこでもこういう傾向なのだなと感じたり。
コース
コース
コース
パドック
坂上る
パドックはサラブレッドの約2倍のでかい馬が周回。気性が荒いのか静かに歩く馬は少ないです。引く人がいなくて騎手が乗って周ってるのもあり。スタートして2つの障害を息を入れながら越えていく様は迫力満点。見たレースはガチガチの一番人気がいきなり負けてたりして奇想天外。ばんえいの奥の深さを味わったのでした。

|

« さいはてのどうぶつえん | トップページ | 帯広居酒屋 辰ごん »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さいはてのどうぶつえん | トップページ | 帯広居酒屋 辰ごん »