2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

味わいのある音楽

ナイスな音楽情報

関連リンク

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

お知らせ

  • トラックバック・リンクについて
    記事に関連性が無くその記事にリンクしてないトラックバック及びリンクは削除する事があります。商用目的の無断リンクは対応策を講じる場合があります。その他削除基準は臨機応変です。こちら見た足跡はコメント欄へどうぞ。 参考:こちら
  • 免責事項
    味覚にはその方の気分・体調など個人差が作用する点が多々ありますのでこちらに表記してある事項は万人一致ではございません。
    このblogに掲載されている事が即ちお勧めであるという訳では決してございません。

.

« サタデーナイトでフィーバーしたかも? | トップページ | 幸楽苑の鉄鍋チャーハン »

2012/08/19

浪江音楽祭in二本松

安達体育館
牛バラ焼き
間寛平
お盆も終わり加減の週末、浪江音楽祭が安達に移って開催というので来てみる。ここの仮設住宅には浪江の方々が多く住んでいてその意味と重みを感じた分こっちには来ようと思った。出店付近でお知り合い方に遭遇。途中ビールサーバーから泡だけになってあたふたしたり、強風でテント1個片付けるの手伝ったり。
見たのは3時の遠藤ミチロウから。始まる前から紋々入ってる方々とかモヒカンにニッカポッカの♀の方とか筋の通った方が終結。そのためかおまわりさんにも見守られなかなか味わえない雰囲気でライブ進行。初めは静かに弾き語る曲から。その曲がこの体育館の中の情景とよくマッチしてて何だか染みる。それから激しい曲で見る人を煽る文言を吐くミチロウ。とてもアコギ1本とは思えない音の厚みとハイテンション。風の音のような叫び声?を多用するのも印象的。
次はマダムギター登場。芸風が寄席とかでもいいくらいな感じ。それと対照的な切れのあるブルーズギターと岡地氏のパーカッションもたま?的な雰囲気を醸し出す。ひとつ飛ばしてカルメンマキ。まさかここで見れるとはな人たちが続く。バイオリンとギターの2人を従えて大漁旗の前で踊る姿は妖艶としか言いようが無い。
で真打遠藤賢司登場。その激しさとハイテンションさは最後を飾るに相応しい。1曲ごとにギターを変えるのも凄い。カレーライスは静けさの中に潜む狂気といった感じがして凄みが。アンコールになって遠藤ミチロウ登場。大昔の思い出を語りつつ2人で1曲披露。最後乗ってきたのかお客さんの間を練り歩きながら2人で足をかなり大きく上げて四股を踏む。なぜ四股なのかは分からない。それから一人で最後に1曲演奏した後ギターを肩にかかえながら歌舞伎の見得を張る。足をドンドンさせて効果音までつけながら退場。場所が体育館でよく響いた。
途中間寛平がこっちに来るとの知らせ聞いて見に行く。ステージある体育館には来なかったが、仮設の中の集会所で派遣芸人と共にカメラ連れて何かやっていた。そんなに打ち合わせしてないと思うのになんとなく話しているだけですでに面白い。こういう人なら師匠って呼ばれても納得。
そんなこんなで終了。来年は何所でやるか分からないけど早くゆっくりできるようになって欲しい.

|

« サタデーナイトでフィーバーしたかも? | トップページ | 幸楽苑の鉄鍋チャーハン »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サタデーナイトでフィーバーしたかも? | トップページ | 幸楽苑の鉄鍋チャーハン »