2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

味わいのある音楽

ナイスな音楽情報

関連リンク

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

お知らせ

  • トラックバック・リンクについて
    記事に関連性が無くその記事にリンクしてないトラックバック及びリンクは削除する事があります。商用目的の無断リンクは対応策を講じる場合があります。その他削除基準は臨機応変です。こちら見た足跡はコメント欄へどうぞ。 参考:こちら
  • 免責事項
    味覚にはその方の気分・体調など個人差が作用する点が多々ありますのでこちらに表記してある事項は万人一致ではございません。
    このblogに掲載されている事が即ちお勧めであるという訳では決してございません。

.

« お惣菜の店るるる@福島の弁当大盛り | トップページ | モコロコ »

2008/04/30

きのこの国からコンヌツハ

きのこの国
昨日の続き。ラーメン食った後ふらふらしてると笹谷に行き着いたのでそういえばきのこに関する何かあったなあと思い出し迷いながら行ってみる。休日ですが軽く閑散としてます。せっかく来たので中入るといい味わいの売店が。ショ、いやシンプルですねとぼんやりしていると中の人が見学してみますか?と言われたので断る隙も無く中へ。
工場入り口
舞茸作る工程は先づ樹脂の瓶におがくずを詰めてそこに菌を植える所から始まります。
菌育て
それを温度が一定の部屋に置いておくと菌がだんだん育ってきて茶色い瓶が菌糸で白く変わってきます。
菌育て2
上がもこもこ盛り上がってくると次の部屋へ。
次の部屋
盛り上がった瓶は湿度100%の部屋へ移されてさらに育てられます。
舞茸
上から舞茸が盛り上がってくると取れ頃ですよ。きのこ取った後のおがくずは肥料にすごく良くて夏になるとそれで育てた朝顔が見ごろだそうです。
ここではこれを乾燥してお茶にしたり粉にしたり食べ物にしたりしてます。何でも粉は高血圧とかいろいろ効き目があるみたいです。お茶飲んだら舞茸の出汁がよく出てました。粉実験結果楽しみにしてますよ。本日も食ったり見物したり充実した一日でした。

|

« お惣菜の店るるる@福島の弁当大盛り | トップページ | モコロコ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42148/41038772

この記事へのトラックバック一覧です: きのこの国からコンヌツハ:

« お惣菜の店るるる@福島の弁当大盛り | トップページ | モコロコ »