2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

味わいのある音楽

ナイスな音楽情報

関連リンク

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

お知らせ

  • トラックバック・リンクについて
    記事に関連性が無くその記事にリンクしてないトラックバック及びリンクは削除する事があります。商用目的の無断リンクは対応策を講じる場合があります。その他削除基準は臨機応変です。こちら見た足跡はコメント欄へどうぞ。 参考:こちら
  • 免責事項
    味覚にはその方の気分・体調など個人差が作用する点が多々ありますのでこちらに表記してある事項は万人一致ではございません。
    このblogに掲載されている事が即ちお勧めであるという訳では決してございません。

.

« 富士吉田移動 | トップページ | 富士登山競走その2 »

2005/07/22

第58回富士登山競走

富士吉田市役所只今ほどよく晴れ。うへぇ…さてさて?役場スタート前。昨日からnikeのワゴンとアートスポーツの出店が来てて型落ち服半値でGET。4時半起きで7時半スタート。山頂は快晴だそうだ。朝なので涼しかったが暫くすると汗が。2500人ぐらい居るだけあってなかなか前に進まない。後から聞いた話だが前の方で転倒事故が起きていたようだった。横入りが原因とか?今思うと規模の割りにスタート時の管理が少し甘いと思うのでタイム順徹底にするとかそのへんなんとかして欲しいもので。自分は後半からスタートしたので気づかなかったが。馬返しまでの位置が勝負とか言って前半勝負を煽るのも原因のひとつかと。走った感じからして前のほうにレベル的に?な人も結構居たような気がしたので。人波掻き分けながら前へ。すぐにもう結構な坂で。馬返しまではまだ余裕。1時間は越えてたが何とかなるような?その先の土の登山道には木の土留めが落とし穴のように道に。もう走れない。
5合目に到着。給水所には人が養殖場の魚状態に群がる。すごい騒ぎ。そっからはだんだん石が多くなる。これが踏み込んでもズルッと滑って倍エネルギー使うので蟻地獄のようにダメージが。んでもってさらに岩だらけに。手も使ってすごい斜面を上る。自分も周りもだいぶふらふら来てて前の人の尻にぶつかったり押したり。一般の登山者もいて、これが日本人より外人さんのほうが多い。メリケンさん8割韓国2割?あと自衛隊の訓練も。手ぶらでもキツいのにあの装備で登るのはすげえなおい。
何とかして8合目へ。制限1時間前だったがすべる砂のせいでだいぶやる気無くすw 途中8合5分まで来たが前屈みで腰がもうたまらん状態だったのと地図ろくに頭に入れてなかったので残りの距離が想像つかず、とうとう石に座って休んだり。これが一回休むと癖になり...その辺が1時間かかった所以で。登山者にこれ食うと違うから、って黒飴貰ったり。ありがたや。
今思うと8.5合の次が頂上てな感じで、それが分かってたら無理してたかも?9合目が来ないと頂上に着かないとか思ってましたから。制限に11分オーバーしましたが頂上にはなんとか、でした...平坦な坂上るのは足をあまり上げないチョコチョコ走りでごまかし利くですが岩山よっこいしょ、と登るのは走るのとはちと違いますな。参加者も若者よりは頑強な中年の今年で6回目とかのリピーターが多いし。5月のスカイラインとどっちがきついかと言うとあっちとは別物のような気がするので比較不明。制限長いので逃げられないスカイラインかなw ただあっちは筋肉痛1週間ですがこちらは尻のみ。どこがまづいかわかりますたので来年は時間内完走目指しますわ。

|

« 富士吉田移動 | トップページ | 富士登山競走その2 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

おつかれさまでした。
初登頂だったのでしょうか。
どんなだったでしょうか?

投稿: MEG | 2005/07/22 12:18

まいどメールなどいろいろ頂きましてありがとうございます。ご期待に添えられたかどうかは?ですが、面白かったでしょうから??どうかご勘弁を。ふじさんは初めてです。高山病は特に大丈夫でした。ていうかあの勢いだとなってる暇がないかも?ゆっくり登るとかえってクラクラきたりするかもです。

投稿: カンニャボ | 2005/07/24 18:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42148/5087329

この記事へのトラックバック一覧です: 第58回富士登山競走:

« 富士吉田移動 | トップページ | 富士登山競走その2 »