2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

味わいのある音楽

ナイスな音楽情報

関連リンク

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

お知らせ

  • トラックバック・リンクについて
    記事に関連性が無くその記事にリンクしてないトラックバック及びリンクは削除する事があります。商用目的の無断リンクは対応策を講じる場合があります。その他削除基準は臨機応変です。こちら見た足跡はコメント欄へどうぞ。 参考:こちら
  • 免責事項
    味覚にはその方の気分・体調など個人差が作用する点が多々ありますのでこちらに表記してある事項は万人一致ではございません。
    このblogに掲載されている事が即ちお勧めであるという訳では決してございません。

.

« 道の駅安達の軽食コーナー | トップページ | 吉野家の牛焼肉丼その2 »

2005/05/29

第15回チャレンジ磐梯吾妻スカイライン

ゆるゆるなスタートこのブログ8千hit記念、という訳ではないのですがある意味ほんとにチャレンジな催し物に参加。高低差約1550mを70㎞ほど走るらしいです...当日朝は霧雨。まあ山なので天気変わりやすいのですが。口でよーい、ドンでスタートw 完全に完走目標なので後ろから粛々とカメラ持参で。スタートから暫くは同じ会のOさんと併走。
雲海給水ではぐれた(ていうか水飲まないので止まらなかった)ので一人に。雲の海あったので。









まだ登り標高1700mだけあってまだ雪ありんす。この一帯は硫化水素ガス高濃度地帯で立ち止まらないで下さいとの看板が(おいおい)まじであすこまで行くのかよ、の図






小富士の山頂んで1.5hぐらいで吾妻小富士に到着。どっちでもいいとか聞いたが福島CTCの№2様に、はい登ってーと言われたので火口1周。岩山で。ここから先は暫く下り。






関門3時間ぐらい走るとI師の関門が。右に小さくしか写っとりませんがあ。その後走ろう会長などのエイドポイントを通過。うちの会からは3.5箇所もボランテア。ほんとにお世話様でした。





おじぞうさま旧道にあった道祖神。他には何もない場所に新らしめなのが。もしかして?(以下略









土湯のローソン4.5h後土湯温泉に。ここで50㎞付近。エイドのおねいさん方と会話。ふと見るとうちの高校出身ならほぼ知ってるという1期生の先輩がおられたので世間話。まさかこんな所でお会いできるとは。話込んでるうち抜いたO師に追いつかれる。後ろから続々来たのでそろそろ出発。
で、流石に疲れてきたので写真もうないっすw フルーツラインで歩いてるランナーに遭遇。ハーフ棄権までしか出たことないのに来たそうな。ある意味一番根性あるかも。しばらく先頭だったがバテたそうな。がんばってえと通過。
最後の7㎞がそっから550mくらい登る坂でゴールまで続く。ここは流石に走れなかった。ていうか走れる人はニュータイプかなんかで? 下りの衝撃が予想以上に来てたらしくここがもうこれがなんつうか筆舌に尽くしがたく?つらし。ここがこのレースの肝なのかと。私より普通の人だとヘタすると人格破壊するかも?なんて。残り1.5㎞くらいで一旦抜かしたサロマの調整Rに来たとか言ってた方に抜かれる。このへんでウルトラ常連との違いが。もうどうでもよくなってたのでスルー。
やっとゴール。すぐ後ろにはO師など続々と。なんだかんだでも最後はほぼ同じで。しばらく後さっき抜かしたランナーが来た。ゴール後固い握手したら彼は泣きそうになりながらヘタッと座り込んでた。人事ながら少し感動。写真とか撮りながらお気軽な気持ちで参加な私ですがこういうのもありなんだな、と。
あったか湯その後汗流しに近所の市営温泉あったか湯へ。この一帯の高湯温泉は硫化水素濃い目で白濁のいわゆる源泉掛け流し。ただ匂いがその硫黄の強烈なあれなので(玉子湯という名の旅館もあるくらい)注意。入った後で体や服にこの匂いが染み付きますから。けどお肌や糖尿に効く!湯治場らすぃですよ。
風呂入って暫く寝たあと懇親会。これからエンジンかかるかな?てな所でO師に送って頂く。諸事情により今年から順位決めないつー事で結果6位らしいだったのですが去年の記録からするとアスリート志向の方々が回避してるようで。近所にウルトラM出来たから?ほんとに手作りRなのでほのぼのしていい感じっすよ。長距離の醍醐味つうか走りながら話して仲間意識みたいなの味わえたりで。まあ先の目標対策にはベターなのですが。あ、富士山てこの倍登るんだよねえ、もうどうしようかと...

|

« 道の駅安達の軽食コーナー | トップページ | 吉野家の牛焼肉丼その2 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

どもども、お疲れさんでした。
これで立派なウルトラランナーですな。
次の富士山も期待しております。

投稿: テルさん | 2005/05/31 07:14

どもまいど大変お世話様でした。
最後の登りで車の隣に乗ってたアスリートじゃなさそうな人にヘラヘラ笑いながら「大丈夫ですかあ?」なんて聞かれた時少しカチンと来ましたよw んなわけないやんけえええええ!
まあ、どうでもいいんすけど。

投稿: カンニャボ | 2005/05/31 20:42

「大丈夫ですかあ?」
と問われたら、大丈夫であっても
「大丈夫じゃないです」
と応える事が多い私です。

「大丈夫です」と答えるのは何故だかしゃくだもん。
ひねてますから。ひねってはいません。

初ウルトラおつかれさまでした!
ゴールおめでとうございます!
同じく富士山期待してます。
おっと仙台も。あっと二日酔いレースも。

投稿: ぼんらん | 2005/06/01 13:42

お疲れ様でした。
次はフジサンなのですね。
楽しみです。
きっとやってくれるでしょ!

投稿: MEG | 2005/06/01 16:08

まいどです。
>>ぼんらん師 ほんとに大丈夫じゃない人だたら返事帰って来ないですからw

>>MEG師 北海道みたいになりたくないのでそれ相当の覚悟で望みたいと思います。某筋によると富士五湖よりこっちが辛かったとか言ってる方が。旧日本兵はガセだったみたいすね...

投稿: カンニャボ | 2005/06/02 01:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42148/4348956

この記事へのトラックバック一覧です: 第15回チャレンジ磐梯吾妻スカイライン:

« 道の駅安達の軽食コーナー | トップページ | 吉野家の牛焼肉丼その2 »